チョーカー | ネックレスとCROCS

ネックレスについて

チョーカー

チョーカー
チョーカーとは、首周りのアクセサリーの一種で、長さのもっとも短いネックレスのことです。
チョークは「窒息させる、首を絞める」の意味なので、首にぴったりと巻き付けるタイプのものとなります。チョーカーは別名「ドッグ・カラー」ともいい、犬がつけている首輪状であることから、そう呼ばれているそうです。
長さは約35cmで、革製や布製、宝石を散りばめた王侯貴族ご用達もある、格式の高いアイテムのひとつとしても扱われおり、ティアラとともにブライダルアクセサリー用として人気が高いタイプです。
存在感が大きく、ファッション全体を清楚に、上品な印象にまとめる力があるアクセサリーなのでパーティ用にも多用されます。
パールや金、銀のもの、ドレスやワンピースと共布で作るのも上級テクニック。最近ではビーズでできたものも多く、普段使いにもできそうですよね。
しっかり編みこまれたビーズならドレッシーに使えるものもあります。