ネックレスとペンダントの違い | ネックレスとCROCS

ネックレスについて

ネックレスとペンダントの違い

ネックレスとペンダントの違い
ネックレスはチェーンの部分全体を指し、ペンダントはチェーンの先の飾りを指します。
ペンダントとは「吊り下げる」という意味があり、一般にペンダントと呼ばれるものは、ネックレスの先端に”ペンダントトップ”と呼ばれる装飾品が付いているもののことをいいます。
簡単にいうと、ネックレスとは「チェーン」や「かたまり」のみがついているもので、ペンダントとは「チェーン」や「かたまり」の所に装飾品がついているものをいう、ということです。
ペンダントには「吊り下げる」、また他には「ぶら下がる」という意味があります。ですからもちろん、チェーンだけの物はネックレスということになります。
有名な物には、真珠のネックレスがありますね。たしかに、「真珠のネックレス」は真珠のみで作られたものですよね。
ただし、上記に書いたことは一般的な言われ方で、例えばティファニーなどで販売されている「ネックレス」は「ペンダント」といわれているそうです。
ちなみに真珠のネックレスは長さによって名前が付けられています。